下顎の梅干しにお悩みではありませんか?

鏡を見たとき、お顔にシワを発見!気になりますよね 。

特にお口周り。

下顎に梅干しのようなシワが出来ていませんか?

 これは「オトガイ筋」の緊張からくるものです。 

 オトガイ筋というのは下唇からあご先についていて、下顎を上に上げる働きがあります。 

 オトガイ筋が緊張すると下顎に梅干しのようなシワができるのです。   


 梅干しシワが出来る原因 


オトガイ筋が緊張するのは骨格や歯並びが原因の場合もありますが、必要以上に力を入れないとお口が閉じられないことにあります。 

歯を見せないで口角を上げようと口元に力を入れている人も梅干しが出来ていますね。

それから口呼吸も原因の一つです。 

意識しないとお口が閉じられないということは、普段からお口が開いていて口で呼吸しているということ 、口を閉じようとすると無理が生じてオトガイ筋が緊張してしまうのです。
 

梅干しシワを改善するには 


 梅干しシワを改善するためにボトックスやヒアルロン酸の注射などもありますが まずは口呼吸をやめて鼻呼吸が出来るようになりましょう。 

 口呼吸の方は舌が下の歯についていたり、下がった所にあることが多いので、常に舌の置き場所を口蓋(こうがい)という上顎につけるようにすることです。 

 

そこで舌位をあげるようになるための「あによべ体操」という体操があります。

やり方はとても簡単!

 お口を大きく動かして「あー」「にー」「よー」「べー」と発音するだけ。「べー」の時は舌を思いっきり出してください。

続けていくと自然と舌の置き場所が口蓋(こうがい)という上顎のところにつくようになります。

舌位があがれば鼻呼吸が出来るようになり、オトガイ筋を緊張させずにお口が閉じられるようになります。

また、口呼吸はウイルスなどが直接入ってきて喉にくっつき炎症が起きて風邪をひきやすくなりますが、鼻呼吸ですと鼻毛がフィルターの役割をして、ウイルスの侵入を防いでくれます。

それからいつも力を入れすぎて緊張しているオトガイ筋を緩めてあげることも効果的です。
筋肉を緩めるには優しく撫でてあげるのもいいですね。


ボトックスやヒアルロン酸を注射する前にまずはお金のかからない「あによべ体操」始めてみませんか?

 


顎関節症・小顔専門サロン

【お口の中からお顔を整えていく】 顎が痛くてお口が開けられない、顎がカクカク鳴る、そんな症状にお悩みの方へ お口の中から咀嚼筋を緩めて症状をラクにします。

0コメント

  • 1000 / 1000