顎関節症 ボトックス注射を打つ前に筋肉を緩めてみませんか?

歯ぎしり・食いしばりの治療に「ボトックス注射を打つ」という方法があります。 

エラボトックス、略してエラボト(っていうみたい)を小顔目的で注射するものもあるんですね。
ボトックスというのはボツリヌス毒素のことで、注射を打つことで神経から筋肉への伝達を妨げ、筋肉運動をやわらげたり止めたりする効果があります。
瞼の痙攣(けいれん)、片側顔面痙攣、痙攣斜頸、多汗症、慢性片頭痛などの治療に用いられています。
 筋肉運動を抑制する効果があるので、歯ぎしり・食いしばりでお悩みの方には咬筋や側頭筋に注射を打って動かなくさせるということで顎関節症の治療に用いるのです。
 

でも、このボトックス注射、効果は半年。 半年したらまた注射するんですか・・・? それをずっと続けるんですか・・・? 


ボトックス注射をする前に噛む筋肉を緩める方法、試してみませんか? 


ボトックス注射をする前にはもちろん麻酔をします。  ボトックス注射には痛みや腫れ、発疹などの副作用があります。 当然、麻酔だって痛いですよね?

ボトックス注射をしても効果が現れるのに2週間~1か月かかるとか。
 歯ぎしり・食いしばりを改善するために噛む筋肉にボトックス注射を打っても半年したら効果がなくなって注射を繰り返すだけです。 また、咬筋の運動を抑制することで筋肉が小さくなるので、皮膚がたるんだりすることもあるそう。ボトックス注射が 歯ぎしり・食いしばりに効果があっても皮膚がたるむなんて女性には耐えがたいことです。 

歯ぎしり・食いしばりには噛む筋肉の運動を抑制するのではなく、まず緩めてあげましょう。 

 お口の中から噛む筋肉に直接触れて緩めることでお口が開けやすくなり、歯ぎしり・食いしばりによって引き起こされる顎関節症の症状や肩こり、頭痛の軽減が期待できます。 

また、噛む筋肉を緩めてあげると食いしばりによるエラ張り顔にも効果が期待できるので小顔も手に入れることが出来ます。

サロンでお口の中から噛む筋肉を緩めて、お伝えするセルフケアを続けていただくことで顎関節症や歯ぎしり・食いしばりがボトックス注射を打つよりも早い効果が期待出来るかもしれませんよ!

 怖い、痛い思いをする前にまずは噛む筋肉を緩めるという方法、試してみませんか? 

顎関節症・小顔専門サロン

【お口の中からお顔を整えていく】 顎が痛くてお口が開けられない、顎がカクカク鳴る、そんな症状にお悩みの方へ お口の中から咀嚼筋を緩めて症状をラクにします。

0コメント

  • 1000 / 1000